顔つくり

なんだか朝から外が騒がしいと思ったら、

雀がセミを口にくわえて、地面にバシバシと

叩きつけていた。

なんとまあ、かわいそうなこと。

七年かけて地上に生まれ出て、

いきなり世間様の生存競争の犠牲になるとは思ってもいなかったろう。

さあ、これから自由な地上世界を満喫するぞ、

そう思ってのえっちらおっちらだったに違いない。

しかし、そうは問屋が卸さない。

地上世界、いや市場世界は、それを許してくれない。

心せよ、社会に二十うん年かけて出でたる者。

周りは雀どころか、モズからす天狗に狛犬魍魎跋扈。

取って食われてからそれがわかる。

餌になるのは簡単だ。

きょろきょろ見回していればいい。

ただそれだけで餌化確定。

共存共栄とはどこのこと、

唯我独尊当たり前。

それが世間を歩く術。

ただ例外は公務員。

餌という字がない世界。

だから本当の世間をしらぬまま、

年月だけが過ぎてゆく。

そして顔付き弛緩する。

それでいいなら、あなたも弛緩候補生。

出汁のきいた味顔は

餌になるかするかのしのぎあい、

その中でこそ生まれゆく。

広告を非表示にする