ファーストペンギン。

初めましての方へ

Cキョウコのブログへようこそ

お越しくださいました!

よろしければ、以下の記事も

ご覧になってくださいね

温泉への想い

日本人にとって温泉とはなにか。

温泉の現状

温泉文化を守るために、できること。

温泉文化を守るために、わたしがすること。

Cキョウコについて

今さらですが、自己紹介

自己紹介〜Cキョウコってなんやねん編〜

自己紹介〜好きなもの編〜

自己紹介〜子供のキョウコ〜

自己紹介〜幼少期の心〜

自己紹介〜ひとりぼっち〜

自己紹介〜依存〜

自己紹介〜同じ空〜

なぜ、脱ぐのか。

みなさんこんばんわ

華金、いかがお過ごしでしょうか?

キョウコはこの日記を書いたら

おそらく寝落ちしちゃうほど

疲れ切ってます

温泉で疲れも癒したい笑

さてさて

ちょっと前から

時書いている

ファーストペンギン

というワード。

何のことー?

って感じの方も

いらっしゃいますよね。笑

今日からは

ファーストペンギンから始まり、

1

ということにフォーカスを当てて

書いていこうと思います。

キョウコが

この言葉を知ったのは

高校生の現代文の中の

最初のペンギン

という評論の文章でした。

著者は脳科学者の

茂木健一郎さん。

人間の創造性をペンギンに例え

すごく難しいことを

書いてあるのだけど。

今日は趣旨がずれてしまうので

割愛します笑

ちなみに、NHKの朝ドラ、

あさが来たの五代が

このファーストペンギンという

言葉を使っていますが

お話は明治時代

日本では2008年頃から

広まった言葉だそうです

五代様、

時代

超えすぎ笑

世の女性を虜にした五代様、

さすがです笑

私はドラマを見てないので

実は詳しくは知らないです笑

余談はさておき笑

ファーストペンギンというのは、

ペンギンの習性の1つから

生まれた言葉です。

ペンギンは

群れで生活する生き物ですが、

繁殖や換羽の時に陸上に上がります。

食糧の魚を得るため、

海に潜る必要がありますが、

その下にはペンギンを餌とする

海の大敵がうじゃうじゃ。

だからペンギン達は

お先にどうぞと言わんばかりに

譲り合い海へ潜ることを躊躇います。

そんな時に、

大敵に食べられるリスクを背負い、

最初に海に飛び込むペンギンを

ファーストペンギンと呼んでいます。

そのペンギンの習性から、

勇気をもって

新しいことに

チャレンジする人

を指すようになりました。

また、

最初に飛び込んだものは

獲物を1番早く捕らえることが

出来ることから、

ハイリスクハイリターンの考えとして

ビジネス用語としても

よく使われるようになったそうです。

私も幾度となく書いていますが、

何かにチャレンジするということは

恐怖と不安が伴うものです。

誰もやったことのないことに、

誰も知らない世界に飛び込むことは

本当に本当に勇気がいること。

成功するか、失敗するか、

事例がないから分かりません。

統計の取りようがありません。

やってみなきゃ、分からない。

だから現代のファーストペンギンに

求められる最初の能力は、

直観。

これに尽きると思います。

はっきりとした

理由はわからないけど、

何となく、いい気がする。

これをやれば

うまくいく気がする、

成功する気がする。

その気持ちが何より大切だと思う。

次に必要なのは

努力すること、

そして継続することです。

努力が実るかは分からなくても、

努力を惜しまない、

傷を負っても、

どんなに苦しくても

継続し続ける。

不安だからこそ、努力する。

不安だからこそ、続ける。

だからこそ成功するんだと

思っています。

でもある人は言うかもしれない。

ペンギンのように

命を落とすわけでもあるまいし、

何が貴方の敵なのかと。

一体、

何が恐怖なんだろう、

なぜ不安なんだろう。

私たちの大敵は

何なんだろう。と。

長くなりそうなので、

続きはまた明日

これからも応援よろしく

お願いいたします

また明日の朝に

会いに来てね

Cキョウコ